ブログトップ

私の植物観察日記

mstyasou.exblog.jp

マルバスミレ (スミレ科)

マルバスミレ(スミレ科スミレ属)は近畿地方では山地に生育するため普段あまり目にすることのない植物です、白色の花と名前の由来になった丸味を帯びた葉が特徴です。
a0108105_15252283.jpg

ここでは標高900mほどの場所の林道脇に生えていました。
a0108105_22331133.jpg

Viola keiskei Miq.
平成25年 兵庫県
[PR]
by mst-ky | 2013-05-17 22:33 | 山地の植物 | Trackback
トラックバックURL : https://mstyasou.exblog.jp/tb/17802974
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ヒロハテンナンショウ (サトイモ科) ヤシャビシャク (ユキノシタ科) >>