人気ブログランキング |

ミゾフラスコモ (シャジクモ科)

ミゾフラスコモ(シャジクモ科フラスコモ属)はおもに水田や水路に生育することからこの名前が付けられたようです。ここでは放棄水田や水路に生育していました。
環境省RDB2017では絶滅危惧Ⅰ類(CR+EN)とされていますが、京都府RDB2015には掲載されていません。また京都府植物目録には掲載されていますので、ひょっとしたら府内では比較的見ることのできるシャジクモ類かもしれません。
a0108105_19415416.jpg

ここではコンクリート護岸の水路に生育していました。
a0108105_20581816.jpg

最終枝は常に2細胞です。
a0108105_19470128.jpg

雌器は常に単生で小枝の節に付きます。
a0108105_19472307.jpg

卵胞子のらせん縁は6~7本です。
a0108105_19455267.jpg

卵胞子膜の模様は網目状です。
a0108105_19424464.jpg

Nitella oligospira A. Braun
平成29年8月 京都府
トラックバックURL : https://mstyasou.exblog.jp/tb/237558528
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by mst-ky | 2017-08-15 19:50 | 湿地・川沿いの植物 | Trackback

野山で観察した植物の記録写真です。


by mst-ky
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31