ブログトップ

私の植物観察日記

mstyasou.exblog.jp

トガリフラスコモ (シャジクモ科)

トガリフラスコモ(シャジクモ科フラスコモ属)は15~30cmほどの大きさで、おもに水田や水田脇の素掘りの水路に生育します。構造の複雑なフラスコモ属の中では比較的単純な構造の種で、他種と比べると識別しやすいのですが、類似種に形態では区別が付かないチャボフラスコモ var.capitulifera があります。チャボフラスコモの卵胞子の表面模様は平滑ですが、トガリフラスコモは不規則な乳頭状の突起模様があり、この点で両種を識別するようです。
a0108105_22435258.jpg

これは結実枝で、不結実枝と比べて小さくなり終端細胞は鋭く尖ります。この鋭く尖った終端細胞から和名のトガリと、学名の種小名 acuminata が付けられているようです。
a0108105_22441033.jpg

第2分射枝は2~4本で最終枝となり、終端細胞は1細胞でソーセージ状です。このことは種を同定する重要要素となります。
a0108105_22444392.jpg

卵胞子のらせん縁は5~7本です。
a0108105_22553929.jpg

卵胞子表面には不規則に並んだ乳頭状の突起模様があります。
a0108105_22450702.jpg

Nitella acuminata Braun ex Wallman var. subglomerata (Braun) Allen
平成29年11月 京都府
[PR]
by mst-ky | 2017-11-11 22:46 | ため池・湖沼の植物 | Trackback
トラックバックURL : https://mstyasou.exblog.jp/tb/237974993
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< イヌヤチスギラン (ヒカゲノカ... アオコウガイゼキショウ (イグサ科) >>