ブログトップ

私の植物観察日記

mstyasou.exblog.jp

ウチョウラン (ラン科)

ウチョウラン(ラン科ハクサンチドリ属)は山地の湿り気のある岸壁などに生える多年草です。本種は園芸栽培対象の植物で、現在でも多くの愛好家がおられるようです。また過去には栽培目的で乱獲されたため自生状態のものはほぼ壊滅し、自生の姿を見られることは希のようです。
a0108105_22132585.jpg
a0108105_22133950.jpg
崖地に生育しているため正面からの撮影ができませんでした。
a0108105_22135398.jpg

Ponerorchis graminifolia Rchb.f.
平成30年6月 滋賀県
[PR]
by mst-ky | 2018-06-24 22:14 | 山地の植物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mstyasou.exblog.jp/tb/238619619
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< オオルリソウ (ムラサキ科) サギスゲ (カヤツリグサ科) >>