人気ブログランキング |
ブログトップ

私の植物観察日記

mstyasou.exblog.jp

シマカンギク (キク科)

シマカンギク(キク科キク属)は近畿から四国・九州の日当たりの良い山麓に生える多年草です。京都府内では生育地がほとんどなく京都府RDB2015では絶滅危惧種とされているようです。
a0108105_16201172.jpg
株数が少ないため、いつもは良い状態の花を見たことがなかったのですが、今回はちょうど咲き始めで花はきれいな状態でした。
a0108105_16202387.jpg
総苞です。総苞片は瓦状に並び、総苞外片は卵形または長楕円形です。茎の上部には毛が生えています。
a0108105_16203591.jpg

 Chrysanthemum indicum L.
平成30年11月 京都府
by mst-ky | 2018-11-24 16:21 | 山地の植物 | Trackback
トラックバックURL : https://mstyasou.exblog.jp/tb/238873378
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< セツブンソウ (キンポウゲ科) シナガワハギ (マメ科) >>