ブログトップ

私の植物観察日記

mstyasou.exblog.jp

カミガモソウ(ゴマノハグサ科)

カミガモソウ(ゴマノハグサ科オオアブノメ属)は湿地に生育する希な植物です。
名前の由来は京都の上賀茂で発見された事によるそうです。竹内敬「京都府草木誌」には上賀茂神社の拝殿の小川の左岸の石垣にわずかに生えていたと書かれています。

ここでは湿地の流れ込みの際に少しの株が生えていました。
a0108105_21544074.jpg


a0108105_8293432.jpg

Gratiola fluviatilis Koidz.
平成19年9月  兵庫県
[PR]
by mst-ky | 2007-09-02 21:55 | 湿地・川沿いの植物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mstyasou.exblog.jp/tb/6103616
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< シロバナホザキノミミカキグサ(... ウリカワ(オモダカ科) >>