ブログトップ

私の植物観察日記

mstyasou.exblog.jp

シブカワシロギク (キク科)

シブカワシロギク(キク科シオン属)は湿地に生育するサワシロギクの蛇紋岩帯に生えるタイプで、愛知県と静岡県の県境付近の蛇紋岩地帯に自生しています。
サワシロギクと比べると、根茎が発達しないことが特徴だそうです。
a0108105_21131653.jpg


こちらは花の色が赤色で別の種類に見えますが、同じシブカワシロギクです。
花期が終わりに近づくとこのような渋めの赤色に花の色が変化します。
a0108105_21164170.jpg

Aster rugulosus Maxim. var. shibukawaensis Kitam. et Murata
平成19年10月  愛知県
[PR]
by mst-ky | 2007-10-19 21:15 | 山地の植物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mstyasou.exblog.jp/tb/6330068
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< コタヌキモ(タヌキモ科) ヤナギノギク (キク科) >>