ブログトップ

私の植物観察日記

mstyasou.exblog.jp

ノタヌキモ (タヌキモ科)

ノタヌキモ(タヌキモ科タヌキモ属)はタヌキモの仲間では珍しく越冬芽はつくらず、種子で冬を越す一年草です。
ここでは10月の後半だというのに、まだまだ多くの花を咲かせていました。
しかし、遅い時期に咲いているせいか草丈は低く花も少し小さいように感じました
a0108105_22303163.jpg


他のタヌキモ類と比べると、花冠は丸味を帯びているのが特徴です。
a0108105_22311067.jpg

Utricularia aurea Loir.
平成19年10月 三重県
[PR]
by mst-ky | 2007-10-26 22:33 | 湿地・川沿いの植物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://mstyasou.exblog.jp/tb/6360901
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 湘南 at 2007-11-05 20:51 x
見~つけた!
こちらでははじめましてです。
関西は水生植物が豊富なので羨ましいっす。
Commented by mst at 2007-11-05 22:53 x
湘南さん、こんばんは~♪
ここが良くわかりましたね~(笑)
今シーズンは水生植物を色々と勉強させていただきました。
来シーズンは琵琶湖本湖の水生植物にも目を向けたいなぁ~って
生意気なことを考えています(笑)
ホント!おっしゃる通り、関西は水生植物は豊富ですね~。

<< センブリ (リンドウ科) オオバナイトタヌキモ (タヌキモ科) >>