ブログトップ

私の植物観察日記

mstyasou.exblog.jp

仮称シコクアカバナスミレ (スミレ科)

アカバナスミレは九州で見つけ出されたものに仮称としてこの名前が付けられていますが四国でも同じような赤い花のスミレ類が生育しています、ここのものは葉の形は三裂していますが、同じように三裂するエイザンスミレほど葉の幅が広くなく、どちらかといえばヒゴスミレのように細裂しており分類上の定義がはっきりと分からない謎の?すみれです。
徳島県植物誌ではここのものはエイザンスミレの紅花とされていますが、明るい落葉樹林内の林床に生え、エイザンスミレの生育環境ではなくヒゴスミレの生育環境に生えています。
また花の大きさもエイザンスミレと比べるとかなり小さく、花後は水平に葉を伸ばすのもヒゴスミレやエイザンスミレとは少し異なるようです。

a0108105_10321447.jpg

Viola sp.
平成21年4月 徳島県
[PR]
by mst-ky | 2009-04-27 10:50 | 山地の植物 | Trackback
トラックバックURL : https://mstyasou.exblog.jp/tb/8281007
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ヒメオオイワボタン (ユキノシタ科) トクシマコバイモ (ユリ科) >>