人気ブログランキング |
ブログトップ

私の植物観察日記

mstyasou.exblog.jp

<   2007年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

エゾノタチツボスミレ (スミレ科)

エゾノタチツボスミレ(スミレ科スミレ属)は主に中部地方以北に生育しますが、中国地方や近畿地方でもごく一部の場所に自生地があります。

ここでは白花でしたが、少し違う場所では薄紫色の花も咲いていました。
a0108105_21591124.jpg


遅い時期に咲き始めるため他の草に負けないように草丈は他のすみれ類と比べるとかなり高く、この個体で50cmは軽く超えていたように思います。
a0108105_21592029.jpg

Viola acuminata Ledeb.
平成19年5月  滋賀県
by mst-ky | 2007-05-25 21:57 | 山地の植物 | Trackback

スワタチツボスミレ (スミレ科)

スワタチツボスミレ(スミレ科スミレ属)はエゾノタチツボスミレとタチツボスミレの交雑種で両種の生育している地域では比較的見つけやすいそうですが、近畿地方ではエゾノタチツボスミレが限られた場所にしか生育しないためあまり見ることのできない交雑種です。

草丈も低く、花の色や外見はタチツボスミレのように見えることから、タチツボスミレの雌しべに昆虫に付着して運ばれてきたエゾノタチツボスミレの花粉が付いたと推測されます。
a0108105_21263330.jpg


しかし、アップで見るとエゾノタチツボスミレと同じように側弁に毛が有るのが確認できます、タチツボスミレは側弁は無毛です、写真では分かりづらいですが柱頭も毛があります。
a0108105_21273767.jpg


距の裏側は溝があります、これはエゾノタチツボスミレの特徴を表しています。
a0108105_21275930.jpg

Viola ×Akirae Shimazu
平成19年5月  滋賀県
by mst-ky | 2007-05-25 21:28 | 山地の植物 | Trackback