人気ブログランキング |
ブログトップ

私の植物観察日記

mstyasou.exblog.jp

<   2007年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ムカゴニンジン(セリ科)

ムカゴニンジン(セリ科ムカゴニンジン属)は湿地やため池の水際に生育します。
名前の由来は葉液にムカゴが出来、根が朝鮮人参に似ているからだそうです。

ここではため池の水際に生えていました。
a0108105_2205511.jpg

Sium ninsi L.
平成19年8月 兵庫県
by mst-ky | 2007-08-30 22:01 | 湿地・川沿いの植物 | Trackback

ホザキノミミカキグサ(タヌキモ科)

ホザキノミミカキグサ(タヌキモ科タヌキモ属)は貧栄養の湿地やため池の縁などに生育する食虫植物です。

ほとんどの場合ミミカキグサが生育していれば同じようにホザキノミミカキグサも生育しています。
a0108105_21404953.jpg

Utricularia racemosa Wall.
平成19年8月 兵庫県
by mst-ky | 2007-08-30 21:41 | 湿地・川沿いの植物 | Trackback

ミミカキグサ(タヌキモ科)

ミミカキグサ(タヌキモ科タヌキモ属)は貧栄養の湿地やため池の縁などに生育する食虫植物です。

干上がったため池の浅瀬に生えていました、湿地生ですが泥、ミズゴケ、砂などのいろいろののものの上に生育すること事が出来るようです。

a0108105_21295012.jpg

Utricularia bifida L.
平成19年8月 兵庫県
by mst-ky | 2007-08-30 21:29 | 湿地・川沿いの植物 | Trackback

タチモ(アリノトウグサ科)

タチモ(アリノトウグサ科フサモ属)は貧栄養の湖沼やため池の浅瀬や水辺に生育する両生植物です、葉の形は水中形では羽状に細裂し、陸生形では上部の葉は棒状で下部の葉は羽状になる。
この場所では干上がったため池の浅瀬に群生していました。
5~6cmほどのとっても小さくて地味な植物で、良く見ないとわからないのですが白い小さな花を咲かせていました。

a0108105_22143197.jpg

Myriophyllum ussuriense (Regel.) Maxim.
平成19年8月 兵庫県
by mst-ky | 2007-08-29 22:15 | 湿地・川沿いの植物 | Trackback

サワトウガラシ(ゴマノハグサ科)

サワトウガラシ(ゴマノハグサ科サワトウガラシ属)は主に水田や湿地に生育します。
この暑さ続きで干上がっていましたが満水だったら水に浸かっている、ため池の浅瀬部分にミミカキグサ類やタチモと一緒に群生していました。
ここのサワトウガラシはとって鮮やかなな紫色です。

a0108105_21142380.jpg

Deinostema violaceum (Maxim.) Yamazaki
平成19年8月 兵庫県
by mst-ky | 2007-08-29 21:15 | 湿地・川沿いの植物 | Trackback

ヒメタヌキモ(タヌキモ科)

ヒメタヌキモ(タヌキモ科タヌキモ属)は貧栄養の湖沼やため池、湿地に生育します。
オグラノフサモの群生する山間部のため池でイヌタヌキモと共に見つけました、良く見ると花柄を出しておりその先には蕾らしきものもあります。
ヒメタヌキモの花はまだ見たことがないので楽しみです♪

花柄と思ったのですが詳しい方に聞いたところ、花柄ではなく分枝した新しい枝のようです。
先端は渦巻いているようです、このヒメタヌキもの分枝した新しい枝が渦巻いている事はどの図鑑で調べても記述がありません。
a0108105_20571394.jpg

Utricularia multispinosa (Miki) Miki
平成19年8月 大阪府
by mst-ky | 2007-08-29 20:57 | 湿地・川沿いの植物 | Trackback

オグラノフサモ(アリノトウグサ科)

オグラノフサモ(アリノトウグサ科フサモ属)は湖沼、ため池、河川などに生育する沈水植物。
ここでは山間部の小さなため池に群生していました。

a0108105_2383373.jpg

Myriophyllum oguraense Miki
平成19年8月 大阪府
by mst-ky | 2007-08-28 23:09 | 湿地・川沿いの植物 | Trackback

タヌキモ(タヌキモ科)

タヌキモ(タヌキモ科タヌキモ属)は湖沼、ため池、水路などに生育する浮遊植物。
またミジンゴなどを捕食する食虫植物でもあります。
タヌキモは結実しないことから交雑種ではないかと云われていましたが、2004年にオオタヌキモとイヌタヌキモの交雑種であると発表されました。

a0108105_22455826.jpg

Utricularia vulgaris L. var. japonica (Makino) Tamura
平成19年8月 大阪府
by mst-ky | 2007-08-28 22:45 | 湿地・川沿いの植物 | Trackback

キキョウ(キキョウ科)

キキョウ(キキョウ科キキョウ属)は日当たりの良い草地に生育します。
ため池の堰堤で1本だけ見つけました、大阪では野生のものを見るのは初めてです♪
最近では野生のものはほとんど見かけなくなりました。

a0108105_22302193.jpg

Platycodon grandiflorum (Jacq.) A. DC.
平成19年8月 大阪府
by mst-ky | 2007-08-28 22:36 | 野原・山麓の植物 | Trackback

オグラコウホネ(スイレン科)

オグラコウホネ(スイレン科コウホネ属)はため池や河川、水路に生育する浮葉植物です。
類似種のヒメコウホネと比べると葉柄が細く、断面は三角形で中空である事から見分けるようです。
名前の由来は今はなくなった京都府の巨椋池で発見されたからだそうです。

ここでは浅い農業用の水路で群生していました。
a0108105_22225327.jpg

Nuphar oguraense Miki
平成19年8月 京都府
by mst-ky | 2007-08-28 22:27 | 湿地・川沿いの植物 | Trackback