人気ブログランキング |
ブログトップ

私の植物観察日記

mstyasou.exblog.jp

<   2007年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ホソバリンドウ (リンドウ科)

ホソバリンドウ(リンドウ科リンドウ属)はリンドウの湿地に生育するタイプで、葉が細いのが特徴です。
a0108105_2053062.jpg

Gentiana scabra Bunge var. buergeri (Miq.) Maxim. f. stenophylla (Hara) Ohwi
平成19年10月 滋賀県
by mst-ky | 2007-10-28 20:55 | 湿地・川沿いの植物 | Trackback

センブリ (リンドウ科)

センブリ(リンドウ科センブリ属)は日当たりの良い草地や山地の山裾などに生育します。
昔から健胃薬として利用されており、非常に苦く千回振りだしても苦い事からこの名前を付けられたそうです。
a0108105_20375159.jpg

Swertia japonica (Schult.) Makino
平成19年10月 滋賀県
by mst-ky | 2007-10-28 20:40 | 野原・山麓の植物 | Trackback

ノタヌキモ (タヌキモ科)

ノタヌキモ(タヌキモ科タヌキモ属)はタヌキモの仲間では珍しく越冬芽はつくらず、種子で冬を越す一年草です。
ここでは10月の後半だというのに、まだまだ多くの花を咲かせていました。
しかし、遅い時期に咲いているせいか草丈は低く花も少し小さいように感じました
a0108105_22303163.jpg


他のタヌキモ類と比べると、花冠は丸味を帯びているのが特徴です。
a0108105_22311067.jpg

Utricularia aurea Loir.
平成19年10月 三重県
by mst-ky | 2007-10-26 22:33 | 湿地・川沿いの植物 | Trackback

オオバナイトタヌキモ (タヌキモ科)

オオバナイトタヌキモ(タヌキモ科タヌキモ属)は東南アジアやオーストラリア、アフリカなどに分布するといわれているのタヌキモの仲間で、日本には観賞用に持ち込まれたのですが繁殖力が非常に強く各地で帰化が報告されているようです。
a0108105_22402256.jpg

Utricularia gibba L
平成19年10月 三重県
by mst-ky | 2007-10-25 22:41 | 湿地・川沿いの植物 | Trackback

アサマリンドウ (リンドウ科)

アサマリンドウ(リンドウ科リンドウ属)は低山の林下に生育します。
名前のアサマは三重県の朝熊山に由来するそうです、普通リンゾウ属の花は日当たりを好み、日当たりの良い場所に生育するのですがこのアサマリンドウは木陰を好む少し変わり者?です。
a0108105_2250596.jpg

Gentiana sikokiana Maxim.
平成19年10月 三重県
by mst-ky | 2007-10-24 22:51 | 山地の植物 | Trackback

イヌセンブリ (リンドウ科)

イヌセンブリ(リンドウ科センブリ属)は日当たりの良いため池の堰堤や、湿地の側など空中湿度の高い場所にしか生育出来ないようです。
ここではため池の堰堤に生えていました。
a0108105_2243978.jpg


苦みが少ないため薬用にはされないようです。
a0108105_22433761.jpg

Swertia diluta (Turcz.) Benth. et Hook. fil. var. tosaensis (Makino) Hara
平成19年10月  大阪府
by mst-ky | 2007-10-22 22:52 | 野原・山麓の植物 | Trackback

コタヌキモ(タヌキモ科)

コタヌキモ(タヌキモ科タヌキモ属)は北海道、本州や九州の一部の地域の湿原や腐植栄養質の湖沼の湿地に生育する多年草です。

ここでは湿地の水たまりに生育していましたが、花は付けていませんでした。
a0108105_2211321.jpg

Utricularia intermedia Heyne
平成19年10月  愛知県
by mst-ky | 2007-10-19 21:47 | 湿地・川沿いの植物 | Trackback

シブカワシロギク (キク科)

シブカワシロギク(キク科シオン属)は湿地に生育するサワシロギクの蛇紋岩帯に生えるタイプで、愛知県と静岡県の県境付近の蛇紋岩地帯に自生しています。
サワシロギクと比べると、根茎が発達しないことが特徴だそうです。
a0108105_21131653.jpg


こちらは花の色が赤色で別の種類に見えますが、同じシブカワシロギクです。
花期が終わりに近づくとこのような渋めの赤色に花の色が変化します。
a0108105_21164170.jpg

Aster rugulosus Maxim. var. shibukawaensis Kitam. et Murata
平成19年10月  愛知県
by mst-ky | 2007-10-19 21:15 | 山地の植物 | Trackback

ヤナギノギク (キク科)

ヤナギノギク(キク科シオン属)はヤマジノギクの蛇紋岩地帯に生育するタイプで、静岡、愛知、高知の3県の蛇紋岩砂礫地のみにに生育するそうです。

a0108105_22234991.jpg

Aster hispidus Thunb. var. leptocladus (Makino) Mot. Ito et Soejima
平成19年10月 愛知県
by mst-ky | 2007-10-18 22:25 | 山地の植物 | Trackback

ミシマサイコ (セリ科)

ミシマサイコ(セリ科ミシマサイコ属)は海岸から山地にかけての草原に生育しますが、蛇紋岩地に多い傾向があるそうです。
白色の花が多いセり科にしては珍しい黄色い花です。
a0108105_2234092.jpg

Bupleurum scorzoneraefolium Willd. var. stenophyllum Nakai
平成19年10月 愛知県
by mst-ky | 2007-10-18 22:04 | 山地の植物 | Trackback