人気ブログランキング |
ブログトップ

私の植物観察日記

mstyasou.exblog.jp

<   2008年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ハマビシ (ハマビシ科)

ハマビシ(ハマビシ科ハマビシ属)は海岸の砂浜に生える一年草または越年草で希な植物です。
果実の形がヒシの果実に似ていることからこの名前が付いたそうです。

a0108105_23238100.jpg


果実には鋭い棘があります。
a0108105_233449.jpg

Tribulus terrestris L.
平成20年10月 大阪府
by mst-ky | 2008-10-21 23:13 | 浜辺の植物 | Trackback

ミズネコノオ (シソ科)

ミズネコノオ(シソ科ミズトラノオ属)は水田や低湿地に生育します。
以前から探していてもなかなか見つけることが出来なかったのですが、ここでは刈り取り後の水田ではどこでも生えていました。

a0108105_22292493.jpg


a0108105_2229403.jpg

Eusteralis stellata (Lour.) Murata
平成20年10月 和歌山県
by mst-ky | 2008-10-21 22:30 | 湿地・川沿いの植物 | Trackback

クルマギク (キク科)

クルマギク(キク科シオン属)は和歌山県の熊野川水系の渓流の岩壁のみに生育する珍しい野菊です。
葉は細く、虎の尾のように垂れ下がった茎に頭花を多数付けます。

a0108105_22591181.jpg


a0108105_22592456.jpg

Aster tenuipes Makino
平成20年10月  和歌山県
by mst-ky | 2008-10-14 23:00 | 山地の植物 | Trackback

オオヤマジソ (シソ科)

オオヤマジソ(シソ科イヌコウジュ属)は日当たりの良い山地や丘陵地の貧栄養地に生育します。
ヤマジソに似ていますが、ヤマジソと比べると葉は丸みを帯びて大きいようです。
昨年は時期が遅く咲いている株を探すのに苦労しましたが、今年は多くの株が
花を付けていました、また結構広い範囲に生育していることもわかりました。

ヤマジソと比べると葉や苞葉が大きいのでこの名前が付いていますが、植物自体は大きくなく
ほとんどが高さ5cm~10cmくらいの大きさです。
a0108105_205418100.jpg

この株で5cmくらいでした。
a0108105_20543339.jpg

Mosla japonica (Benth.) Maxim. var. hasae (Nakai) Kitam.
平成20年10月 兵庫県
by mst-ky | 2008-10-09 07:14 | 山地の植物 | Trackback