ブログトップ

私の植物観察日記

mstyasou.exblog.jp

<   2011年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ミョウガ (ショウガ科)

ミョウガ(ショウガ科ショウガ属)は山野の湿った薄暗い場所に生え、また栽培もされる多年草。
山野に生えているものは、古くは中国より持ち込まれ野生化したのであろうと言われているそうです。

沢沿いの薄暗い杉林の中で咲いていました。
a0108105_22375558.jpg


花は一日花で、苞の間から次々と出てきて咲きます。
a0108105_22464123.jpg

Zingiber mioga (Thunb.) Roscoe
平成23年8月 京都府
[PR]
by mst-ky | 2011-08-30 22:41 | 山地の植物 | Trackback | Comments(0)

ツルフジバカマ (マメ科)

ツルフジバカマ(マメ科ソラマメ属)は山野に生えるツル性の多年草で、茎は長く伸び、稜があってわずかに軟毛があります。
a0108105_21404184.jpg


全国的にはそんなに珍しい植物ではないのですが、近畿地方では少なく、近畿RDBではAランク
京都府RDBでは絶滅寸前種とされています、府内の自生地は2ヶ所確認されていましたが1ヶ所は
昨年、道路の拡張工事で消滅してしまいました。
ここは今年新たに見つかった新しい自生地です。
a0108105_21411416.jpg


托葉の形に特徴があり、よく似た近縁種との区別点になっています。
a0108105_21413349.jpg

Vicia amoena Fisch. ex Ser.
平成23年8月 京都府
[PR]
by mst-ky | 2011-08-29 21:44 | 野原・山麓の植物 | Trackback | Comments(0)

シノブ (シノブ科)

シノブ(シノブ科シノブ属)は長く匍匐(ほふく)する根茎をもち、主に山地の木や岩などに着生する夏緑性のシダ植物で秋の終わりには落葉します。
また、古くから観賞用にシノブ玉として栽培され親しまれている植物でもあります。

a0108105_2241259.jpg


山地のチャート質の露岩に着生していました。
a0108105_2243011.jpg

Davallia mariesii T.Moore ex Baker
平成23年8月 京都府
[PR]
by mst-ky | 2011-08-20 22:14 | 山地の植物 | Trackback

シコクママコナ (ゴマノハグサ科)

シコクママコナ(ゴマノハグサ科ママコナ属)は山地の日当たりの良い乾いた場所に生える半寄生の1年草で、ミヤマママコナ(Melampyrum laxum var. nikkoense)に良く似ていますが苞葉に刺毛状の歯牙があることで区別するそうですが、区別せずミヤマママコナの変異の範疇と云う説もあります。
a0108105_947281.jpg

ミヤマママコナ点々と咲くのに対し、シコクママコナは群生すると云う説もあり、ここでは山地の尾根筋に何ヶ所も群生していました。
a0108105_21193411.jpg
Melampyrum laxum Miq. 平成23年8月 京都府
[PR]
by mst-ky | 2011-08-16 21:04 | 山地の植物 | Trackback | Comments(0)

オニバス (スイレン科)

オニバス(スイレン科オニバス属)は平地のやや富栄養化したため池や水路等に生育する一年草の浮葉植物で、植物全体に鋭いトゲがあることからこの名が付いたようです。

ここでは二年に一度池全体を覆い尽くすぐらい大発生します。
a0108105_2285813.jpg


花は葉を突き破って咲く事が多いようです。
a0108105_22121253.jpg

Euryale ferox Salisb.
平成23年8月 京都府
[PR]
by mst-ky | 2011-08-14 22:22 | 湿地・川沿いの植物 | Trackback

シシンラン (イワタバコ科)

シシンラン(イワタバコ科シシンラン科)は深山の常緑広葉樹林の大木に着生する希な常緑小低木です。

木漏れ日の差す薄暗い森の中で人知れずひっそりと咲いていました。
a0108105_20531427.jpg


a0108105_2048257.jpg

Lysionotus pauciflorus Maxim.
平成23年8月 
[PR]
by mst-ky | 2011-08-14 20:53 | 山地の植物 | Trackback | Comments(0)

オオキツネノカミソリ (ヒガンバナ科)

オオキツネノカミソリ(ヒガンバナ科ヒガンバナ属)は山野に生える多年草で、葉は帯状で春に出ますが花の咲く夏には枯れてしまいます。
a0108105_2223156.jpg


雄しべが花弁より突き出る事で、突きでないキツネノカミソリと区別します。
a0108105_222411.jpg

Lycoris sanguinea Maxim. var. kiushiana (Makino) Makino ex Akasawa
平成23年7月 京都府
[PR]
by mst-ky | 2011-08-04 22:05 | 山地の植物 | Trackback | Comments(0)

オオハンゲ (サトイモ科)

オオハンゲ(サトイモ科ハンゲ属)は常緑樹林内や林下などの陰湿地に生える多年草で、
同じハンゲ属のカラスビシャクによく似ていますが、カラスビシャクと比べて全体に大ききく葉は深三裂します。
a0108105_21401310.jpg

Pinellia tripartita (Blume) Schott
平成23年8月 京都府
[PR]
by mst-ky | 2011-08-04 21:41 | 山地の植物 | Trackback | Comments(0)