ブログトップ

私の植物観察日記

mstyasou.exblog.jp

<   2013年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ヤマホオズキ (ナス科)

ヤマホオズキ(ナス科ホオズキ属)は山地のやや湿った林下に見られる多年草で、環境省RDBでは絶滅危惧Ⅰ類(EB)、近畿RDBでもAランクとされており稀な植物のようです。
a0108105_22164772.jpg


花は白色で花弁の先端は少し反り返ります。
a0108105_22165389.jpg

Physalis chamaesarachoides Makino
平成25年8月 京都府
[PR]
by mst-ky | 2013-08-22 22:16 | 山地の植物 | Trackback | Comments(0)

ミツバフウロ (フウロソウ科)

ミツバフウロ(フウロソウ科フウロソウ属)は山地の林縁に生える多年草です。ゲンノショウコに似ていますがゲンノショウコほど毛深くはなく花色もほとんどのものがピンク色です。

この個体の花色は少し薄く白色に近いピンク色でした。
a0108105_2263936.jpg

こちらの個体は普通のピンク色です、まだ咲き始めでポツリポツリと咲いていました。
a0108105_226769.jpg

Geranium wilfordii Maxim.
平成25年8月 京都府
[PR]
by mst-ky | 2013-08-22 22:06 | 山地の植物 | Trackback | Comments(0)

イヌタヌキモ (タヌキモ科)

イヌタヌキモ(タヌキモ科タヌキモ属)は全国の湿地や溜め池などに生育する浮遊植物で、主にプランクトンなどを食べる食虫植物です。
a0108105_8445256.jpg

茎や葉の色はすべてが赤紫色をしていました、このような色は初めて見ます。
a0108105_845229.jpg

小羽片の小刺毛です。
a0108105_8432579.jpg

Utricularia australis R.Br.
平成25年8月 京都府
[PR]
by mst-ky | 2013-08-19 08:45 | 湿地・川沿いの植物 | Trackback | Comments(0)

ツリシュスラン (ラン科)

ツリシュスラン(ラン科シュスラン属)は北海道~九州の深山の樹上または岩上に着生するシュスラン属では唯一の着生ランです。

a0108105_6561133.jpg


この場所では岩の上に着いていました
a0108105_6562585.jpg


すべてではありませんが、大部分の茎は下に伸び花序が上に向かって立ち上がる変わったかたちです。
a0108105_656415.jpg

 Goodyera pendula Maxim.
平成25年8月 和歌山県
[PR]
by mst-ky | 2013-08-15 06:56 | 山地の植物 | Trackback | Comments(0)

キキョウ (キキョウ科)

キキョウ(キキョウ科キキョウ属)は北海道~九州、沖縄までの明るい草地に生えます。以前はどこにでも見られた植物ですが、近年は減少しなかなか見ることの出来ない植物になっているようで環境省RDBではⅡ類(VU)となっており、都道府県レベルのRDBでも福島、兵庫、岡山以外はRDBに指定されているようです。
a0108105_10563855.jpg

ここではこのように群生していました。
a0108105_21501578.jpg

 Platycodon grandiflorus (Jacq.) A.DC.
平成25年8月 京都府
[PR]
by mst-ky | 2013-08-14 21:51 | 浜辺の植物 | Trackback | Comments(0)

セリモドキ (セリ科)

セリモドキ(セリ科セリモドキ属)は本州日本海側の山野に生える多年草です、ここでは海岸近くの草地に生えていました。
a0108105_21173853.jpg
a0108105_21195777.jpg

Dystaenia ibukiensis (Y.Yabe) Kitag.
平成25年8月 京都府
[PR]
by mst-ky | 2013-08-14 21:17 | 浜辺の植物 | Trackback | Comments(0)

ハマタカトウダイ (トウダイグサ科)

ハマタカトウダイ(トウダイグサ科トウダイグサ属)はタカトウダイの海岸近くに生える品種で、全体が小型で葉がやや厚く、花序の枝が短く密集するものをハマタカトウダイと呼ぶそうです。
a0108105_20402125.jpg

磯場の草地に生えていました。
a0108105_20404442.jpg

 Euphorbia lasiocaula Boiss. f. maritima(Hurus.) T.Kuros. et H.Ohashi
平成25年 8月 京都府
[PR]
by mst-ky | 2013-08-14 20:41 | 浜辺の植物 | Trackback | Comments(0)

ムカデラン (ラン科)

ムカデラン(ラン科ムカデラン属)は関東以西の本州太平洋側と四国、九州に自生し、主に岩壁や樹幹に着生する着生ランです。

2列に生じた多数の葉をムカデの足に見立てて、この名が付いたようです。
a0108105_18392263.jpg


花は大変小さく、5mmほどの大きさしかありません。
a0108105_18404494.jpg

Cleisostoma scolopendrifolium (Makino) Garay
平成24年8月 三重県
[PR]
by mst-ky | 2013-08-04 18:38 | 山地の植物 | Trackback | Comments(0)