ブログトップ

私の植物観察日記

mstyasou.exblog.jp

<   2013年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

オオハナワラビの細葉タイプ(ハナヤスリ科)

オオハナワラビ(ハナヤスリ科ハナワラビ属)は山野に生えるシダ植物ですが、変異が多く図鑑には書かれていませんが、葉の細いものから赤変するものまで色々なタイプがあるようです。
ここのものは普通のオオハナワラビもありますが、多数はこのような細葉タイプです。
葉は立体的ではなく、平面的になっていますのでオオハナワラビの特徴を表しています。
a0108105_22583056.jpg

鋸歯はこのように鋭く、オオハナワラビの特徴を表しています。
a0108105_22585537.jpg

胞子の周囲には突起物がありオオハナワラビの特徴を表しています。
a0108105_22535343.jpg


Botrychium japonicum (Prantl) Underw.
平成25年12月 京都府
[PR]
by mst-ky | 2013-12-30 22:45 | 野原・山麓の植物 | Trackback | Comments(0)