人気ブログランキング |
ブログトップ

私の植物観察日記

mstyasou.exblog.jp

<   2015年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

コシノコバイモ (ユリ科)

コシノコバイモ(ユリ科バイモ属)は早春に開花し、初夏には種子を散布して地上部は枯れ休眠状態になる、草丈10cm前後のスプリング・エフェメラルと呼ばれる春植物のひとつです。
a0108105_2014845.jpg

花(花被片)の色は普通は淡緑色ですが、このように茶色っぽいものもあります。
a0108105_2203653.jpg

Fritillaria koidzumiana Ohwi
平成27年3月 岐阜県
by mst-ky | 2015-03-26 20:04 | 山地の植物 | Trackback

バイカオウレン (キンポウゲ科)

バイカオウレン(キンポウゲ科オウレン属)は山地針葉樹林内や林縁に生えます、花は梅の花に似ていることからこの名前が付けられているようです。
a0108105_8562352.jpg

乾いた場所よりも、湿り気のある場所を好むようです。
a0108105_8463432.jpg

日当たりがあまり良くない場所では咲き始めたばかりでした。
a0108105_8465192.jpg

Coptis quinquefolia Miq.
平成27年3月  兵庫県
by mst-ky | 2015-03-18 08:48 | 山地の植物 | Trackback

セリバオウレン (キンポウゲ科)

セリバオウレン(キンポウゲ科オウレン属)は山地の林内に生える常緑の多年草で、この植物の乾燥した根皮は黄連と呼ばれ、生薬として有名です。
a0108105_8242420.jpg

花は雌雄異株で、両性花株もあります。ほとんどは雄株か両性花株で雌株は少ないようです。
a0108105_8243457.jpg

Coptis japonica (Thunb.) Makino var. major (Miq.) Satake
平成27年3月  兵庫県
by mst-ky | 2015-03-18 08:26 | 山地の植物 | Trackback

サンインシロカネソウ (キンポウゲ科)

サンインシロカネソウ(キンポウゲ科シロカネソウ属)は山地沢沿いの水の滴る崖面などの湿り気のある場所に生えます。
ここでは流れ込みの側に生えていました。
a0108105_7594692.jpg

当日は曇り空で花は半開きのままでした、日が射さないと完全には開きません。
a0108105_80122.jpg

Dichocarpum nipponicum (Franch.) W.T.Wang et P.K.Hsiao var. sarmentosum (Ohwi) Tamura et K.Kosuge
平成27年3月  京都府
by mst-ky | 2015-03-18 08:00 | 山地の植物 | Trackback