ブログトップ

私の植物観察日記

mstyasou.exblog.jp

<   2015年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

サンリンソウ (キンポウゲ科)

サンリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属))はおもに北海道、本州中部以北の山地帯~亜高山帯に分布していますが、図鑑を見ると隔離分布で奈良県にも生育の記録があるそうです。
初めて見るアネモネ属の植物で最初は何だか判りませんでしたが、調べてみるとサンリンソウと特徴が一致しました。近畿地方ではほとんど目にする事のない植物のようです。
a0108105_21414212.jpg

根出葉は3出複葉で小葉には少し柄があるのが本種の特徴のようです。
a0108105_2141559.jpg

雄しべの葯の色は黄色です。まだ咲き初めで、葯も裂開して花粉を放出しておらずきれいな形の状態です。
a0108105_21424431.jpg

Anemone stolonifera Maxim.
平成27年4月 奈良県。
[PR]
by mst-ky | 2015-04-29 21:42 | 山地の植物 | Trackback

シロバナ(ミヤマ)エンレイソウ (ユリ科)

シロバナ(ミヤマ)エンレイソウ(ユリ科エンレイソウ属)は深山の林内に生える多年草で、近畿地方では奈良県と和歌山県に記録がある程度で、あまり見かける事がない植物のようです。
a0108105_2125991.jpg

外花披片の先端は尖り、花弁より長いのが特徴です。
a0108105_21193247.jpg

Trillium tschonoskii Maxim.
平成27年4月 奈良県
[PR]
by mst-ky | 2015-04-29 21:21 | 山地の植物 | Trackback

ヤマウツボ (ゴマノハグサ科)

ヤマウツボ(ゴマノハグサ科ヤマウツボ属)は関東以西から四国、九州にかけて、やや湿り気のある落葉樹林内に生え、落葉樹の木の根に寄生する寄生植物です。
a0108105_21143018.jpg

a0108105_21143914.jpg

Lathraea japonica Miq.
平成27年4月 奈良県
[PR]
by mst-ky | 2015-04-29 21:16 | 山地の植物 | Trackback

ホコバスミレ (スミレ科)

ホコバスミレ(スミレ科スミレ属)はスミレV.mandshuricaの変種でおもな生育地は日当たりの良い標高の高い山地の草原や林縁です。
色々と調べてみると、これまで京都府内では自生記録がなく、これは初めての記録かもしれません。
a0108105_9424594.jpg

特徴は葉の基部がクサビ形になり、夏葉が昔の武器の矛(ホコ)の刃のような形になります、名前もこの葉の形から付けられているようです。
a0108105_21555710.jpg

Viola mandshurica W.Becker var. ikedana (W.Becker ex Taken.) F.Maek.
平成27年4月 京都府
[PR]
by mst-ky | 2015-04-28 21:57 | 山地の植物 | Trackback

アカネスミレ (スミレ科)

アカネスミレ(スミレ科スミレ属)は北海道から屋久島まで分布していますが、中部地方以東には多いようですが、西日本ではあまり見かける事はなく、特に京都府内ではでは自生地は少なく京都府RDB2013では絶滅危惧種に入れられているようです。
a0108105_655720.jpg

これは今年見つかった新たな自生地に生育するもので、品種のオカスミレ f.glaberrima と混生していました。
a0108105_21363933.jpg

Viola phalacrocarpa Maxim.
平成27年4月 京都府
[PR]
by mst-ky | 2015-04-28 21:38 | 山地の植物 | Trackback

イワザクラ (サクラソウ科)

イワザクラ(サクラソウ科サクラソウ属)はやや湿り気のある山地の岩場に生える多年草です。
ここでは沢沿いの急斜面の岩場に生えていました。
a0108105_2214650.jpg
a0108105_221552.jpg

Primula tosaensis Yatabe
平成27年4月 徳島県
[PR]
by mst-ky | 2015-04-24 22:00 | 山地の植物 | Trackback

コミヤマカタバミ (カタバミ科)

コミヤマカタバミ(カタバミ科カタバミ属)は日本各地のおもに針葉樹林帯に生える多年草です。
a0108105_2155376.jpg

ミヤマカタバミに似ていますが、葉の角はミヤマカタバミに比べると丸味があります。
a0108105_21554727.jpg

Oxalis acetosella L.
平成27年4月 徳島県
[PR]
by mst-ky | 2015-04-24 21:55 | 山地の植物 | Trackback

オウギカズラ (シソ科)

オウギカズラ(シソ科キランソウ属)は山地のやや湿った木陰に生える多年草で、あまり見かける事のない稀な植物のようです。
a0108105_21372653.jpg

まだ咲き始めたばかりでした。
a0108105_21374094.jpg

Ajuga japonica Miq.
平成27年4月 徳島県
[PR]
by mst-ky | 2015-04-24 21:39 | 山地の植物 | Trackback

トクシマコバイモ (ユリ科)

トクシマコバイモ(ユリ科バイモ属)は比較的近年に記載された種でアワコバイモとトサコバイモの中間的な形状をしており、雑種起源ではないかといわれています。
a0108105_15551813.jpg

花冠内部の模様です。
a0108105_15564359.jpg

Fritillaria tokushimensis Akasawa, Katayama et Naito
平成27年4月 徳島県
[PR]
by mst-ky | 2015-04-24 15:57 | 山地の植物 | Trackback

アワコバイモ (ユリ科)

アワコバイモ(ユリ科バイモ属)は四国の山地に生え、茎の先に5枚の葉をつけ、下の2枚は対生して長さ4-6cmの披針形で上の3枚の葉は輪生して小さい。 茎頂に斜め下向きに釣鐘形の花をつけ、花被片は6枚に別れ、 花弁の外側の突起が目立ちます。
a0108105_15393988.jpg

コバイモ類の内部の模様は種によって違うようです。
a0108105_15402967.jpg

Fritillaria muraiana Ohwi
平成27年4月 徳島県
[PR]
by mst-ky | 2015-04-24 15:41 | 山地の植物 | Trackback