人気ブログランキング |
ブログトップ

私の植物観察日記

mstyasou.exblog.jp

<   2016年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

エフクレタヌキモ (タヌキモ科)

エフクレタヌキモ(タヌキモ科タヌキモ属)は北アメリカ東部原産の帰化植物で春と秋の2回、4~9枚の葉が変形した浮き袋を放射状に輪生し、花茎を水上に伸ばします。草体は2m以上の大きさになるようです。
a0108105_22353869.jpg

Utricularia inflata Walter
平成28年5月 兵庫県
by mst-ky | 2016-05-30 22:31 | ため池・湖沼の植物 | Trackback(1)

ヒメアギスミレ (スミレ科)

ヒメアギスミレ(スミレ科スミレ属)はニョイスミレV.verecundaの変種で、おもに近畿地方が分布の中心になり湿り気のある薄暗い場所に生育します。
a0108105_22152513.jpg

花弁は母種と比べて細く、上弁はネジレ気味になることが多いです。
a0108105_2215389.jpg

茎を横に這わせて新株を作るため、このように群生することが多いです。
a0108105_22375621.jpg

Viola verecunda A.Gray var. subaequiloba (Franch. et Sav.) F. Maek.
平成28年5月 兵庫県
by mst-ky | 2016-05-30 22:15 | 山地の植物 | Trackback

ヤシュウスミレ (スミレ科)

ヤシュウスミレ(スミレ科スミレ属)はサクラスミレV.hirtiprsとフモトスミレV.sieboldiiの交雑種で、サクラスミレの少ない関西では非常に珍しい組み合わせです。
名前のヤシュウ(野州)とは下野の国(現在の栃木県)の別称で、最初に栃木県で見つけられたことからこの名前が付けられたようです。
a0108105_21182278.jpg

何株かありましたが、すべて雌しべ親はフモトスミレのようで、どの株もフモトスミレの特徴が強く表れているようです。
a0108105_21212536.jpg

距もフモトスミレの特徴が現れています。
a0108105_21354712.jpg

近くには、このように両親が仲良く咲いていました。
a0108105_21355680.jpg

Viola hirtipes S.Moore x V. sieboldii Maxim.
平成28年5月 兵庫県
by mst-ky | 2016-05-30 21:18 | 山地の植物 | Trackback

サクラスミレ (スミレ科)

サクラスミレ(スミレ科スミレ属)は日本に咲くスミレ類の中では一番大きな花を咲かせ、花色も華麗なためスミレの女王と呼ばれています。サクラの名の由来は、花弁の先端が桜の花ような切れ込みがあるものが多いため付けられたようですが、実際はこの個体のように切れ込みのないものの方が多いようです。
a0108105_2171533.jpg

Viola hirtipes S.Moore
平成27年5月 兵庫県
by mst-ky | 2016-05-30 21:07 | 山地の植物 | Trackback

ヒメシャガ (アヤメ科)

ヒメシャガ(アヤメ科アヤメ属)は山地の湿り気のある岩石地に生えます。
花はシャガに似ていて小型のためこの名前が付いたようです。
a0108105_21422100.jpg

花は一日花で次々と咲いていくようです。
a0108105_18403917.jpg

 Iris gracilipes A.Gray
平成28年5月 長野県
by mst-ky | 2016-05-27 21:04 | 山地の植物 | Trackback

ヒトツバテンナンショウ (サトイモ科)

ヒトツバテンナンショウ(サトイモ科テンナンショウ属)は本州中部以東に分布し、渓流沿いの薄暗い斜面のような場所に生育します。名前の通り、ほとんどの葉は一枚で小葉は7~9枚ほどつきます。
a0108105_21524827.jpg

本種の特徴は仏炎苞舷部の内側にハの字の斑紋があることです。
a0108105_21575970.jpg

Arisaema monophyllum Nakai
平成28年5月 長野県
by mst-ky | 2016-05-10 21:53 | 山地の植物 | Trackback

ヤマシャクヤク (ボタン科)

ヤマシャクヤク(ボタン科ボタン属)は全国に分布し、おもに落葉樹林帯の林下に生える多年草ですが、ここでは比較的明るい杉林の中で咲いていました。
a0108105_22105699.jpg

花はこれで開ききった状態です。
a0108105_22131174.jpg

 Paeonia japonica (Makino) Miyabe et Takeda
平成28年5月 京都府
by mst-ky | 2016-05-05 22:08 | 山地の植物 | Trackback