ブログトップ

私の植物観察日記

mstyasou.exblog.jp

<   2016年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

イトタヌキモ (タヌキモ科)

イトタヌキモ(タヌキモ科タヌキモ属)はため池や貧栄養湿地などに生育する1年生または多年生の浮遊~湿地性の植物です。
花は淡い黄色で4~5mmほどの大きさでミミカキグサの仲間とほとんど変わらない大きさです。
a0108105_2236746.jpg

このように群生することが多いです。
a0108105_22361470.jpg

白っぽい糸状のものがイトタヌキモの草体です。
a0108105_22362717.jpg

Utricularia exoleta R.Br.
平成28年7月 兵庫県
[PR]
by mst-ky | 2016-07-29 22:37 | 湿地・川沿いの植物 | Trackback | Comments(0)

サイコクヒメコウホネ (スイレン科)

サイコクヒメコウホネ(スイレン科コウホネ属)は湖沼やため池、河川、水路などに生育する浮葉~抽水植物です。
花はコウホネNuphar japonica よりやや小さく直径3~4cmほどです。
a0108105_2223358.jpg

今まではヒメコウホネNuphar subintegerrimaとされていましたが、近畿以西のものは新分類群として分離されました。
a0108105_2223121.jpg

Nuphar saikokuensis Shiga et Kadono
平成28年7月 兵庫県
[PR]
by mst-ky | 2016-07-29 22:23 | 湿地・川沿いの植物 | Trackback(2) | Comments(0)

ホザキノミミカキグサ (タヌキモ科)

ホザキノミミカキグサ(タヌキモ科タヌキモ属)は貧栄養湿地やため池の岸辺に生育する植物です。
地中に糸状の地下茎を伸ばし、まばらに捕虫嚢を付け、所々から線形の5~7mmほどの葉を地上に出します。
a0108105_22144235.jpg

花は淡紫色で5~8mmほどの長さです。
a0108105_22202741.jpg

Utricularia caerulea L.
平成28年7月
[PR]
by mst-ky | 2016-07-29 22:14 | 湿地・川沿いの植物 | Trackback | Comments(0)

シロシャクジョウ (ヒナノシャクジョウ科)

シロシャクジョウ(ヒナノシャクジョウ科ヒナノシャクジョウ属)は本州近畿地方以西の四国・九州・沖縄に分布し、おもに常緑照葉樹林内の落葉の中に生え、葉緑素を持たず菌類から栄養を得る菌従属栄養植物です。
a0108105_23345360.jpg

10~20株ほどがひとかたまりで群生しており、このような群生がいくつも見られました。
a0108105_23353100.jpg

高さは3~4cmほどです。
a0108105_23351920.jpg

Burmannia cryptopetala Makino
平成28年7月 滋賀県
[PR]
by mst-ky | 2016-07-23 23:36 | 山地の植物 | Trackback | Comments(0)

ホンゴウソウ(ホンゴウソウ科)

ホンゴウソウ(ホンゴウソウ科ホンゴウソウ属)は関東以西の本州から四国・九州にかけて分布し、木陰の枯れ葉の間に生育する菌従属栄養植物です。
a0108105_22162894.jpg

草丈は2~5cmほどで繊細で華奢な植物です。
a0108105_22163515.jpg

Sciaphila nana Blume
平成28年7月 滋賀県
[PR]
by mst-ky | 2016-07-23 22:17 | 山地の植物 | Trackback | Comments(0)

ヒナノシャクジョウ(ヒナノシャクジョウ科)

ヒナノシャクジョウ(ヒナノシャクジョウ科ヒナノシャクジョウ属)関東以西の本州から四国・九州にかけて分布し、薄暗い常緑林内に生えます。
a0108105_226125.jpg

名前は小型で、僧侶の持つ錫杖に似ていることから付けられたようです。
a0108105_2262435.jpg

Burmannia championii Thwaites
平成28年7月 滋賀県
[PR]
by mst-ky | 2016-07-23 22:07 | 山地の植物 | Trackback | Comments(0)

ヤマユリ (ユリ科)

ヤマユリ(ユリ科ユリ属)は近畿地方以北の本州の山地や丘陵や崖地に生えます。
花は白色で直径20cmほどと大きく、花被片には赤褐色の斑点があり中脈にも黄色のすじが入ります。また強い芳香もあるのも特徴のひとつです。
a0108105_20511963.jpg

花は日本に自生するユリ科の中では一番大きくて豪華です。
a0108105_20512618.jpg

ここでは山際の斜面に生えていました。
a0108105_20513347.jpg

Lilium auratum Lindl.
平成27年7月 三重県
[PR]
by mst-ky | 2016-07-23 20:53 | 山地の植物 | Trackback | Comments(0)

ヤマジオウ (シソ科)

ヤマジオウ(シソ科オドリコソウ属)は神奈川県以西の本州・四国・九州の太平洋側に分布する多年草です。生育地は湿り気のある谷筋や山の木陰で、細い地下茎を這わせるため群生することが多いようです。
a0108105_22172615.jpg

このような淡い花色もあり、花色の変化はあるようです。
a0108105_2217358.jpg

ここでは何カ所かに群生していました。
a0108105_22174545.jpg

 Lamium humile (Miq.) Maxim.
平成28年7月 奈良県
[PR]
by mst-ky | 2016-07-19 22:19 | 山地の植物 | Trackback | Comments(0)

ミヤマタニソバ (タデ科)

ミヤマタニソバ(タデ科イヌタデ属)は山地の道沿や水の流れ込み等湿った場所に生える一年草です。
a0108105_21362265.jpg

花のアップです。
a0108105_21363198.jpg

葉は独特の形をしていて目立ちます。
a0108105_21403784.jpg

Persicaria debilis (Meisn.) H.Gross ex W.T.Lee
平成28年7月 奈良県
[PR]
by mst-ky | 2016-07-19 21:36 | 山地の植物 | Trackback | Comments(0)

ナガバノキソチドリ (ラン科)

ナガバノキソチドリ(ラン科ツレサギソウ属)はキソチドリの変種で、本州中部地方から紀伊半島を経て四国・九州に分布します。
a0108105_21222681.jpg

花のアップです。
a0108105_21202972.jpg

Platanthera ophrydioides F.Schmidt var. australis Ohwi
平成28年7月 奈良県
[PR]
by mst-ky | 2016-07-19 21:20 | 山地の植物 | Trackback | Comments(0)