ブログトップ

私の植物観察日記

mstyasou.exblog.jp

<   2017年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

バイカオウレン (キンポウゲ科)

バイカオウレン(キンポウゲ科オウレン属)は本州の東北地方南部から中国地方西部の山地から亜高山帯にかけて林の下に生える多年草。近畿以西では低山地に生え、早春に開花する。中部以北では、亜高山帯の針葉樹林体に多く開花は初夏になる。
花の形がウメの花に似ていることからこの名前が付けられたようです。
a0108105_22463203.jpg

ここでは渓流沿いの苔むした倒木の上に咲いていました。
a0108105_22464417.jpg

2011年にバイカオウレンに似た植物で、キタヤマオウレン Coptis kitayamensis という名の植物が発表されました。京都府にも分布すると書かれているようですが、キタヤマオウレンは花弁の舷部がヒシャク状になることが特徴のひとつで、平坦な皿状(サジ状)になるバイカオウレンと区別するそうです。ここのものの花弁の舷部は、平坦な皿状ではなくヒシャク状のように見えるのでキタヤマバイカオウレンかも知れません。再度、花弁の形を詳しく調べる必要がありそうです。
a0108105_07395943.jpg

Coptis quinquefolia Miq.平成29年3月 京都府
[PR]
by mst-ky | 2017-03-22 22:49 | 山地の植物 | Trackback | Comments(0)

サンインネコノメ (ユキノシタ科)

サンインネコノメ(ユキノシタ科ネコノメソウ属)はホクリクネコノメの品種で、母種は萼裂片が黄緑色になるのに対し、サンインネコノメは萼裂片が淡褐色になります。
a0108105_22235114.jpg

沢沿いの薄暗い場所で咲いていました。
a0108105_22241317.jpg

Chrysosplenium fauriei Franch. f. ferruginiflorum Wakab. et H.Ohba
平成29年3月 京都府
[PR]
by mst-ky | 2017-03-22 22:27 | 山地の植物 | Trackback | Comments(0)

カビゴケ (クサリゴケ科)

カビゴケ(クサリゴケ科カビゴケ属)は福島県以南の本州~沖縄までのおもに太平洋側に分布し、常緑樹の葉に着生する苔類です。ここでは薄暗い湿り気のある渓谷沿いに生えるツバキの葉に着生していました。
a0108105_18294918.jpg

葉に着生した感じがカビの様に見えることと、独特の臭いがあることからこの名前が付いたようです。
a0108105_18300439.jpg

a0108105_18302249.jpg

a0108105_18303804.jpg

これは実物の40倍の大きさでです。
a0108105_18305009.jpg

Leptolejeunea elliptica (Lehm. & Lindenb. ) Schiffn.
平成29年3月 京都府
[PR]
by mst-ky | 2017-03-22 18:35 | 山地の植物 | Trackback | Comments(0)

キヌフラスコモ (シャジクモ科)

山間部の水のきれいなため池の底に黒っぽい大きな塊がいくつもあるのを見つけました。
ひょっとしたらシャジクモの仲間では?と思ったのですが今までにこれほど大きな群落は見たことがありません。さっそく採集してその場で観察してみると今まで見たシャジクモ科の仲間と比べて非常に繊細であるため他の藻類だと思ったのですが、細部を詳しく調べると分枝して枝が出ており間違いなくシャジモの仲間であると確認しました。
a0108105_21280925.jpg

帰宅後細部を観察し、図鑑などで調べてみるといくつかの特徴などからキヌフラスコモらしいことが判明しました。キヌフラスコモは池の底全体を覆うほど繁殖することがよくあると書かれている文献もあり、この点でもキヌフラスコモと特徴が一致します。
a0108105_21282985.jpg

全体の藻姿です。シャジクモの仲間は水を浄化する作用がある為か、この池に生育しているものは全体が水垢で覆われていました。何度も何度も水道水で洗い流してやっと全体の姿が判るようになりました。
a0108105_21301412.jpg

最終枝は2細胞で終端細胞は短縮しています。
a0108105_21305499.jpg

いくつかの最終枝の細胞数を確認していると、この様に3細胞あるものもありました。キヌフラスコモは最終枝の細胞はふつう2細胞だが3細胞もあると図鑑には書かれています。
a0108105_21312163.jpg

全体が水垢で覆われているため卵胞子もいくつかが脱落せずに残っていました。この卵胞子のらせん縁は6本です
a0108105_21314731.jpg

卵胞子の表面には非常に細かく規則的な顆粒状の模様があります。
a0108105_15090387.jpg
Nitella gracilens Morioka
平成29年3月 京都府
[PR]
by mst-ky | 2017-03-06 21:33 | ため池・湖沼の植物 | Trackback | Comments(0)