人気ブログランキング |
ブログトップ

私の植物観察日記

mstyasou.exblog.jp

<   2017年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

クマガイソウ (ラン科)

クマガイソウ(ラン科アツモリソウ属)は北海道~九州まで分布し、ふつう山地の樹林下に生育し、地下茎は長く横に這わす性質があるため群生します。
a0108105_20513970.jpg
ここではスギ林の中に生育しているのですが、年々スギが成長して林床まで日が差さなくなって行くにつれクマガイソウの開花株も少なくなってきました。ここでは小さな株が多いですが、これは若い株ではなく光合成があまり出来ないまま年を越し、葉を更新するたびに小さくなって衰えていく株のようです。
a0108105_20474890.jpg

Cypripedium japonicum Thunb.
平成29年5月 京都府
by mst-ky | 2017-05-18 20:48 | 山地の植物 | Trackback

キンラン (ラン科)

キンラン(ラン科キンラン属)は本州.四国、九州のおもに落葉樹林内に生育します。
a0108105_19481980.jpg

花色が黄金色であることからキンランという和名が付いたようです。
a0108105_19482954.jpg

一株だけでしたが、このように白っぽい花色の株がありました。これがシロバナキンラン f. albescens なのでしょうか。
a0108105_20101833.jpg

Cephalanthera falcata (Thunb.) Blume
平成29年5月 京都府
by mst-ky | 2017-05-18 19:49 | Trackback

オキナグサ (キンポウゲ科)

オキナグサ(キンポウゲ科オキナグサ属)は山野の日当たりの良い草地に生えます。以前はよく見られた植物のようですが、近年は山野の草刈りがされなくなったり盗掘などにより生育数は減ってきているようです。
a0108105_21304766.jpg

ふつう、ほとんどの植物の花は上を向いて咲くのですがオキナグサは下を向いて咲きます。
a0108105_21352286.jpg

Pulsatilla cernua (Thunb.) Berchtold et J.Presl
平成29年5月 兵庫県
by mst-ky | 2017-05-12 21:32 | 野原・山麓の植物 | Trackback

ホコバスミレ (スミレ科)

ホコバスミレ(スミレ科スミレ属)はスミレ V.mandshurica の標高の高い場所(700m以上)に生育するタイプでおもに草地高原や林縁に生育します。
これは白色のホコバスミレで、母種のスミレの花色で白色に紫条が入るものはシロガネスミレ f.hasegawae と呼ばれていることから、これはシロガネホコバスミレと呼んでも良いようです。
a0108105_20323241.jpg

花が白色で葉がホコバ型になる類似種にホソバシロスミレ V. patrinii var. angustifolia がありますが、ホソバシロスミレは花の喉部分が黄緑色を帯びシロガネホコバスミレとはこの部分で見分けることができます。
a0108105_20324606.jpg

シロガネホコバスミレの距です。距はある程度長く、距の短いホソバシロスミレとの違いが確認出来ます。
a0108105_19023745.jpg

こちらは花の地色が薄紫色であることからシロガネホコバスミレにはならず、ホコバスミレの色変わりとなります。
他にも薄紫色の濃淡の違いによる色々なバリエーションの花色がありました。
a0108105_20330611.jpg

薄紫色の地色の花の花粉です。正常な花粉ばかりなので交雑種ではなく色変わりのホコバスミレです。
a0108105_19063876.jpg
Viola mandshurica W.Becker var. ikedana (W.Becker ex Taken.) F.Maek.
平成29年5月 兵庫県
by mst-ky | 2017-05-12 20:33 | 山地の植物 | Trackback

ムラカミタチツボスミレ (スミレ科)

ムラカミタチツボスミレ(スミレ科スミレ属))はオオタチツボスミレとタチツボスミレ V.grypoceras の雑種で、新潟県村上市で最初に見つかったことからこの名前が付いたようです。両種が生育する地域では比較的よく見かける雑種です。
最初に見たときはオオタチツボスミレと思ったのですが、葉がタチツボスミレのようでもあり少しおかしいと感じ、細部を調べて見ました。
a0108105_20365549.jpg

隣にはタチツボスミレが咲いています。
a0108105_20354205.jpg

花はオオタチツボスミレのようですが...
a0108105_20355365.jpg

距の形はオオタチツボスミレに似ていますが、距の色は淡い青紫色になっておりこれは少し変です、オオタチツボスミレの距は必ず白色です。
a0108105_20361984.jpg

花の部分を持ち帰り花粉を調べて見ると正常な花粉は全くなく歪な形の異常なものばかりです。やはりタチツボスミレとの交雑種のムラカミタチツボスミレのようです。
a0108105_20364428.jpg

Viola grypoceras A.Gray. × Viola kusanoana Makino
平成29年5月 兵庫県
by mst-ky | 2017-05-09 20:41 | 山地の植物 | Trackback

スズキスミレ (スミレ科)

スズキスミレ(スミレ科スミレ属)はスミレ V.mandshurica とヒゴスミレ V.chaerophylloides var. sieboldiana の雑種で、鈴木吉五郎により園芸用に人工交配により作られたため両種の交雑種はこの名前で呼ばれているようです。ヒゴスミレとスミレの混生する場所では自然交雑種であるスズキスミレが比較的良く見られるようです。
a0108105_21070605.jpg

葉はスミレのように細長いですが、ヒゴスミレの影響を受けて裂けています。ヒゴスミレを片親とする雑種はこのような葉になることが多く比較的見つけやすいです。
a0108105_21081764.jpg

Viola x suzukii Hort. ex F.Maek. et T.Hashim., nom. nud.
平成29年5月 京都府
by mst-ky | 2017-05-04 21:05 | 山地の植物 | Trackback