人気ブログランキング |
ブログトップ

私の植物観察日記

mstyasou.exblog.jp

<   2017年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

アスヒカズラ (ヒカゲノカズラ科)

アスヒカズラ(ヒカゲノカズラ科ヒカゲノカズラ属)は常緑性のシダ植物で、北海道~中部地方以北の亜高山帯にやや稀に分布し、中部地方以西では近畿・中国・四国地方の数カ所に隔離的に分布します。
a0108105_20563383.jpg

ほふく茎は地中または地上を長く這い、まばらに分枝し、鱗片様の葉をまばらに付けます。
a0108105_21455990.jpg

直立茎の葉は扁平で、ヒノキ科のアスナロやヒノキの葉によく似ていることからこの和名が付いたようです。
a0108105_20565976.jpg

Lycopodium complanatum L.H
平成29年6月 滋賀県
by mst-ky | 2017-06-28 20:57 | 山地の植物 | Trackback

オグラコウホネ (スイレン科)

オグラコウホネ(スイレン科コウホネ属)はため池や河川、水路に生育する多年生の浮葉植物です。
名前の由来は京都府にあった巨椋池で最初に見つけられたことによります。
a0108105_20203975.jpg

花期は長く6月より10月頃まで咲きます。
a0108105_20152286.jpg

Nuphar oguraensis Miki
平成29年6月 京都府
by mst-ky | 2017-06-25 20:15 | ため池・湖沼の植物 | Trackback(2)

ヨウラクラン (ラン科)

ヨウラクラン(ラン科ヨウラクラン属)は樹幹や岩上に着生する着生ランで、北は宮城県金華山から南は沖縄県西表島までのおもに太平洋側に分布します。茎頂に長さ5~8cmほどの花序を付けますが、花は淡黄褐色で直径1mmの大きさしかありません。
a0108105_21173819.jpg

Oberonia japonica (Maxim.) Makino
平成29年6月 京都府
by mst-ky | 2017-06-23 21:17 | 山地の植物 | Trackback

ムギラン (ラン科)

ムギラン(ラン科マメヅタラン属)は常緑樹林の幹や岩上に着生する常緑の着生ランです。名前の由来はバルブ(偽球茎)が麦粒に似ていることからだそうです。
a0108105_16094485.jpg

花は淡黄緑色で半開き状の地味な花です。
a0108105_16095314.jpg

Bulbophyllum drymoglossum Maxim. ex Okubo
平成29年6月 京都府
by mst-ky | 2017-06-15 16:11 | Trackback

ハルザキエチゼンカンアオイ (ウマノスズクサ科)

ハルザキエチゼン(ウマノスズクサ科カンアオイ属)は福井県西部から滋賀県北部、京都府の日本海気候地帯にかけて生育する、エチゼンカンアオイA.nipponica var.echizen の春咲きタイプといわれ、福井、滋賀県にまたがる若越破砕帯と呼ばれる花崗岩質の深成岩地帯にのみ生育するといわれています。
a0108105_21532004.jpg

普通は3月から5月にかけて開花しますが、今年は雪が多かったためこの時期でも花が見られるようです。
a0108105_15390708.jpg

Asarum nipponica F.maek. var.vemalis F.Maek., nom.nud.
平成29年6月 福井県
by mst-ky | 2017-06-14 21:58 | 山地の植物 | Trackback(2)