ブログトップ

私の植物観察日記

mstyasou.exblog.jp

<   2017年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ミゾフラスコモ (シャジクモ科)

ミゾフラスコモ(シャジクモ科フラスコモ属)はおもに水田や水路に生育することからこの名前が付けられたようです。ここでは放棄水田や水路に生育していました。
環境省RDB2017では絶滅危惧Ⅰ類(CR+EN)とされていますが、京都府RDB2015には掲載されていません。また京都府植物目録には掲載されていますので、ひょっとしたら府内では比較的見ることのできるシャジクモ類かもしれません。
a0108105_19415416.jpg

ここではコンクリート護岸の水路に生育していました。
a0108105_20581816.jpg

最終枝は常に2細胞です。
a0108105_19470128.jpg

雌器は常に単生で小枝の節に付きます。
a0108105_19472307.jpg

卵胞子のらせん縁は6~7本です。
a0108105_19455267.jpg

卵胞子膜の模様は網目状です。
a0108105_19424464.jpg

Nitella oligospira A. Braun
平成29年8月 京都府
[PR]
by mst-ky | 2017-08-15 19:50 | 湿地・川沿いの植物 | Trackback | Comments(0)

シャジクモ (シャジクモ科)

シャジクモ類は円柱形の茎の節部から小枝を放射状に輪生しているスギナ状の形態を持つ水中植物で、形態は維管束植物ににていますが藻類の仲間です。
この仲間はおもにため池や自然度の高い水田に生育していますが、生育環境が失われつつあるため環境省RDBではほとんどの種がⅠ類(EB+CR)の高いランクが付けられています。
そのなかでもシャジクモは水田等で比較的見ることが出来るため、環境省RDBでは絶滅危惧Ⅱ類(VU)とされています。
ここでは湧水があり常に水が溜まっている状態の放棄水田で見かけました。
a0108105_07042093.jpg

シャジクモは主軸に皮層が無いのが特徴で、雄器・雌器は小枝の下部節に付きます。
a0108105_07044260.jpg

終端細胞は短縮しており1細胞です。
a0108105_07071233.jpg

上に付いているのが雌器で、下が雄器です。受精すると雌器は卵胞子になります。
a0108105_07045801.jpg

これは卵胞子で、シャジクモの卵胞子の色は黒色です。
a0108105_07050806.jpg

Chara braunii Gmelin
平成29年8月 京都府
[PR]
by mst-ky | 2017-08-15 07:05 | ため池・湖沼の植物 | Trackback | Comments(0)

クルマバナ(シソ科)

クルマバナ(シソ科トウバナ属)はやや湿り気味の山地の草原に生える多年草で、ここでは山間部の農道の草地に群生していました。
a0108105_20344298.jpg

花が輪生する事からこの名前が付けられたようです。
a0108105_20350077.jpg

Clinopodium chinense (Benth.) Kuntze subsp. grandiflorum (Maxim.) H.Hara
平成29年8月 京都府
[PR]
by mst-ky | 2017-08-08 20:35 | 野原・山麓の植物 | Trackback | Comments(0)

ミズオオバコ(トチカガミ科)

ミズオオバコ(トチカガミ科ミズオオバコ属)は水田、ため池、水路などに生育する一年草です。葉は根生で叢生しますが、形や大きさは生育環境で大きく変化します。
付近にはヒロハトリゲモ N.chinensis やそれにアゾラspが見られます。
a0108105_20052306.jpg

素掘りの水路に他の水生植物とともに生育していました。
a0108105_20075798.jpg

Ottelia alismoides (L.) Pers.
平成29年8月 京都府
[PR]
by mst-ky | 2017-08-08 20:05 | 湿地・川沿いの植物 | Trackback | Comments(0)

ノカンゾウ (ススキノキ科)

ノカンゾウ(ススキノキ科ワスレグサ属)は田の畦や、やや湿った野原などに生育します。おもに野原に生えることからこの名前が付けられたようです。また花色は変化が大きく、橙赤色から少し赤みが強いものまであるそうです。
a0108105_19321542.jpg

ここでは山間部の畑の畦に生えていました。
a0108105_19322569.jpg

Hemerocallis fulva L. var. disticha (Donn ex Ker Gawl.) M.Hotta
平成29年8月 京都府
[PR]
by mst-ky | 2017-08-07 19:57 | 野原・山麓の植物 | Trackback | Comments(0)

アギナシ (オモダカ科)

アギナシ(オモダカ科オモダカ属)は湖沼やため池、湿地や放棄水田等に生育する多年生の抽水~湿性植物です。類似種のオモダカ S.trifolia とよく似ていますが、オモダカが雑草的正確を持つのに対し、アギナシは自然度の高い環境にしか生育できません。
a0108105_22135467.jpg

花は雌雄別花で、図鑑には花序の下部に雌花、上部に雄花がが付くと書かれていますが、交互に付くのかも知れません。この花は雄花で、すぐ下には花が散った雌しべのみが見えます。
a0108105_22141572.jpg

 Sagittaria aginashi Makino
平成29年8月 京都府
[PR]
by mst-ky | 2017-08-06 22:14 | 湿地・川沿いの植物 | Trackback | Comments(0)