人気ブログランキング |
ブログトップ

私の植物観察日記

mstyasou.exblog.jp

<   2018年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

バイカモ (キンポウゲ科)

バイカモ(キンポウゲ科キンポウゲ属)は浅くて水のきれいな清流に生える多年草です。普通は6月から8月にかけて花を咲かせますが、水温が年間を通じてほぼ一定の湧水が湧き出る場所に生育するものは、季節に関係なく花を咲かせるようです。
a0108105_20201783.jpg

この場所も湧水のわき出る小さな水路に群生して、盛期ほどではないですが花を咲かせていました。
a0108105_20203530.jpg

このように近くにはセリが新芽を出しています。
a0108105_20205360.jpg

Ranunculus nipponicus Nakai var. submersus H.Hara
平成30年2月 兵庫県
by mst-ky | 2018-02-28 20:21 | 湿地・川沿いの植物 | Trackback

アズマイチゲ (キンポウゲ科)

アズマイチゲ(キンポウゲ科イチリンソウ属)は他の植物が芽吹かない早春に花を咲かせ、本格的な春がくるころには葉のみとなり、そして種子を作り放出しその葉も黄色くなって枯れます。それ以降は地中の根茎のみとなって、翌年の春までそのまま越冬するスプリング・エフェメラル(春の妖精)と呼ばれる植物のひとつです。
a0108105_21582686.jpg

ふつう3月の中旬以降に花を咲かせるのですが、ここではこの時期に十数株が開花していました。
a0108105_21583618.jpg

Anemone raddeana Regel
平成30年2月 兵庫県
by mst-ky | 2018-02-28 19:59 | 野原・山麓の植物 | Trackback

ヤマシロネコノメ (ユキノシタ科)

ヤマシロネコノメ(ユキノシタ科ネコノメソウ属)は早春から花を咲かせるネコノメソウ属の中でも1,2を争うぐらい早い時期から開花します。
a0108105_22141591.jpg
日当たりの良いこの場所では毎年2月上旬より開花します。
a0108105_22142961.jpg

Chrysosplenium pseudopilosum Wakab. et Hir.Takah. var. divaricatistylosum Wakab. et Hir.Takah.
平成30年2月 京都府
by mst-ky | 2018-02-16 22:14 | 山地の植物 | Trackback