人気ブログランキング |
ブログトップ

私の植物観察日記

mstyasou.exblog.jp

<   2019年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アマナ (ユリ科)

アナマ(ユリ科アナマ属)は日当たりの良い草地や圃場の畦、または林縁などに生えます。地下には球状形で2cmほどの鱗茎がある、この鱗茎は食用になり少し甘いことからこの名前が付けられたようです。
a0108105_20512581.jpg
花は日が当たらないと開花しません。
a0108105_20513438.jpg

Amana edulis (Miq.) Honda
平成31年3月 京都府
by mst-ky | 2019-03-13 20:51 | 野原・山麓の植物 | Trackback

ハマダイコン (アブラナ科)

ハマダイコン(アブラナ科ダイコン属)はおもに海岸の砂地に生える2年草で、食用に栽培されているダイコンが野生化したものといわれています。
a0108105_22201950.jpg
普通は3月下旬~4月上旬にかけて咲き始めるのですが、今年は暖冬のせいか、ここ日本海側の海岸でも2月から咲いていたようです。
a0108105_22211400.jpg
早春の浜辺にはまだ開花植物はなく、ハマダイコンだけが花を咲かせていました。
a0108105_22213968.jpg

Raphanus sativus L. var. hortensis Backer f. raphanistroides Makino
平成31年3月 兵庫県
by mst-ky | 2019-03-06 17:54 | 浜辺の植物 | Trackback

セツブンソウ (キンポウゲ科)

セツブンソウ(キンポウゲ科セツブンソウ属)は早春に地上に姿を現して花を咲かせ、初夏には種を放出して地上部は消えるように枯れていくスプリング・エフェメラルと呼ばれる春植物の代表的なもののひとつです。
a0108105_18050306.jpg
人里近くの草刈りが定期的に行われる場所ではこのように群生しています。
a0108105_18053416.jpg

Eranthis pinnatifida Maxim.
平成31年3月 京都府
by mst-ky | 2019-03-03 19:08 | 野原・山麓の植物 | Trackback(2)